まる得!!電報に特化したサイトなら[電報比較ランキング~おすすめ電報会社を徹底比較~]オフィシャルホームページ

トップページ > コラム > 祝電のマナーは事前にしっかりと準備をする

祝電のマナーは事前にしっかりと準備をする

 お祝いなどをするとき、急に行うこともあれば、じっくり準備をすることができる場合もあります。
 急ぎの場合には、多少何らかのトラブルが発生することもあるかもしれません。でも、事前に分かっていることであれば、準備をしっかりできるはずです。
 祝電を送るときのマナーとしては、事前に分かっていることが多いので、わかることはしらべておくことです。送り先であったり、住所などの情報が曖昧なことがあります。その時に曖昧なまま送ってしまうと、当日に届かなくなることがあります。住所であったり、会場などもしっかり記載します。
 結婚式の場合、一つの住所でいくつもの会場が設定されている場合があります。何の間などがわかっているならそこまで記載しておくと良いでしょう。あて名は基本的には新郎新婦で構いませんが、両親をあて名にすることもあります。


 結婚式の場合、かなり前に予定がわかっています。前日までに手配をすれば相手に到着しますが、それで問題ないわけではありません。できれば早めに手配をしておきます。行くことができなくなったときに行うぐらいでも良いでしょう。
 早すぎると良くないからと10日前、5日前に行おうとすると忘れてしまうことがあります。せっかく送ろうとしても、忘れてしまっては元も子もありません。早めに行うメリットとして、じっくり選ぶことができる点もあります。
 お祝い事なので、台紙を豪華にしたり、プレゼント付きにしたい場合があります。直前だと送ることに精いっぱいで、文章を何とか考えて送ろうとします。時間があれば、相手のことを考えてあげる余裕があります。
 今は多くの業者があるので、業者選びもじっくり行えるのが早めに行うメリットになります。


 マナーの中でかなり重要になるのが使う言葉です。使う業者によっては定型文を用意してくれていて、それを利用すればほぼ問題はありません。せっかくだからと自分で文章を考えて送ることがあります。
 電話で文章を送るとき、オペレーターに文章を伝えます。オペレーターは人ですから、問題があれば注意をしてくれることがあります。この言葉は使わない方が良いなどがあるので、それが入っているときに指摘をしてもらえます。
 しかし、インターネットから行う場合は指摘はありません。入力したまま届いてしまいます。結婚の場合は何度も行うものではないので、繰り返す言葉であったり、忌み言葉などもあります。それらを入れないように文章を作成する必要があります。

カテゴリー