まる得!!電報に特化したサイトなら[電報比較ランキング~おすすめ電報会社を徹底比較~]オフィシャルホームページ

トップページ > コラム > 冠婚葬祭には電報で気持ちを伝えませんか

冠婚葬祭には電報で気持ちを伝えませんか

 電報には色々な種類の文面や台紙が用意されており、ホームページで閲覧・注文することができ便利です。
急な訃報でも対応できるように、あらかじめ用意されたお悔みの文面を頼むことができます。
弔電には使ってはいけない言葉やマナーがありますが、サイトに基本のマナーが掲載されているので、失礼の無い電報を作る事ができます。
結婚や出産には刺繍台紙やプリザーブドフラワーなど、華やかで後で飾っておけるような物があります。
お祝いにもタブーな文言があるので、文例を参考にしたり、用意された文面を注文すれば安心です。
「お祝いをしたいけど、何を贈っていいか分からない」と迷って日数が過ぎてしまう前に、電報を利用するのがお薦めです。
他にも、遠くに住むご両親への父の日や母の日や甥姪への入学祝に、手紙の代わりに父の日や母の日に贈ると喜ばれるでしょう。



 電報を送る際に利用したいインターネット

結婚式やお誕生日など、大切な人のお祝い事のとき、電報を送る人は多いのではないでしょうか。
インターネットが広く使われるようになってからは、お祝いの言葉などはメールで手軽に伝えられるようになりましたが、素敵な台紙とともに言葉を残すことで、より心が込められ、送る側にも心に響きます。
大切な人へお祝いの言葉を伝えたいときは、上手に利用してみると良いでしょう。
電報を送る方法は、以前は、電話サービスを利用することが主流でした。
でも、最近は、電報サービスを行っているインターネットショップが増えているので、いつでも手軽に送れるようになり、ますます便利に活用できるようになりました。
台紙の種類も豊富だから、送りたいシーンに合わせて選ぶことができますし、定型文の種類も豊富に用意されています。
もちろん、自分の言葉で送ることも可能です。
利用しやすいサービスがいろいろ用意されているので、利用する際は、インターネットのサービスを活用してみると良いでしょう。



 電報は早くて安くて大変便利です

結婚式や告別式等では祝電や弔電が読まれますが、これは大変便利です。
結婚式等、お祝いの際にはお祝いの言葉を述べたメッセージを送ることもできますし、今はぬいぐるみやカタログギフトなど一昔前とは一味違ったものを送ることもできますので、貰った人には大変喜ばれているようです。
ただ、祝電も弔電も、送る側の人は確認しておくべきことがあります。
結婚式等であれば式の日時や式場名、披露宴会場の名前、新郎新婦の名前です。
弔電であれば、お通夜や告別式の日時、場所、喪主の名前等です。
間違った場所に送ってしまっては何にもなりません。
また、いずれの電報でも、いわゆる忌み言葉は使ってはいけません。
特に弔電では、死ぬではなく御逝去、生存ではなく御生前という言葉を使いましょう。
祝電でも弔電でも、どんな文章にしていいか分からない場合はたくさんの例文が準備されていますのでそれを活用するのがいいでしょう。

次の記事へ

カテゴリー