まる得!!電報に特化したサイトなら[電報比較ランキング~おすすめ電報会社を徹底比較~]オフィシャルホームページ

トップページ > コラム > 今もその存在価値を失わない電報

今もその存在価値を失わない電報

冠婚葬祭の代表的な式には結婚式及び葬式がありますが、それぞれの場で必ずといっていいほど披露されるものに送られてきた祝電、そして弔電があります。
祝電と弔電は全く正反対の意味・内容を持つものですが、どちらも披露される場で参列者の心を深く打つものが少なくありません。一般的に、電報は本来ならその場に出席するはずの人が何らかの事情で出席できない、葬式の場合ならば代理人も立てることができない場合などに送られます。そうした事情の下で、送る人の真情が、短く限定された言葉に凝縮して込められているから感銘深いのでしょう。
また、進学祝いや就職祝い、昇進祝いなどに親しい間柄の人から届く祝電も送られた方の気持ちを喜ばしくします。
電話やメールが社会の隅々まで行き渡り、電報を送る機会が少なくなった現在でも、電報は従来の存在価値を失っていません。


結婚式にはお祝いの電報を贈りましょう

結婚式に呼ばれたけれど予定が合わずに出席できないときってありますよね。
とくに、学生時代の同級生など、遠方に住んでいるひとの結婚式の場合、なかなか都合を合わせて行くのも難しいですね。どうしても出席できない結婚式には、お祝いの気持ちを込めて電報を贈ると良いでしょう。お祝いの電報のことを祝電と呼びます。祝電には色々な種類のものがあり、お祝いにピッタリな華やかなデザインもたくさんあります。結婚式でしたら、とびきり華やかなタイプを贈って、新郎新婦を驚かせるのも良いかもしれませんね。
最近流行っているのは、バルーン電報や、人気キャラクターのぬいぐるみが結婚衣装を着たもの、クッキーやマシュマロなどの食べられるタイプなどの、変わり種祝電です。もちろんシンプルな定番の祝電も良いですが、せっかくですからめずらしい変わり種を贈っても喜ばれるでしょう。


電報は貰えると嬉しい物の一つです

電報は、結婚式や、葬式などに送られる事が多いです。
最近はその数も減ってはきているのですが、やはり送ってもらうと嬉しい事の一つです。スマホやパソコンが普及しているので、紙で文字を送ることはかなり少なくなっています。まして電報になると、やはり頻度は下がってきます。dも最近のものは、かなり種類も多くなっており、ただ言葉を送るだけではなくなっています。ぬいぐるみや、インテリアになるようなおしゃれな物も一緒に送る事が出来ます。従来の文字だけを送るタイプも健在です。この付属品を送ることが出来るものが重宝がられています。
文字だけでなく、少しの心遣いを一緒に送る事ができるのが受けているところです。文字だけだと、保管するときにどこかにいってしまいがちですが、商品と一緒に送られてきたのであれば、それも一緒に片づける事ができます。

次の記事へ

カテゴリー