求人募集で今以上の好条件で就業できる施工管理資格

施工管理と聞いても、イメージがわかない人がいるかもしれませんが、現在は、建築業界全体が好景気であるので、施工管理の求人は増えており、大企業から、中小企業まで、積極的に採用を進めています。住宅需要が伸びているだけでなく、商業施設や複合ビルなどの再開発、道路や河川などのインフラ整備、リニア中央新幹線など今後も建設ニーズは高まっていきます。その中でも特に注力されている施工管理という仕事は建設工事の準備から完成までプロジェクト全体を指揮・管理する役割です。現場の責任者として、工事作業を行う職人や提携している会社と連絡を取りながら色々な事に目を行き届かせ、工事が計画通りに進むように現場を動かしていきます。現場での仕事が中心となりますが必要によってはデスクワークなどもこなします。とてもやりがいのある仕事ですので、人気も高いです。

施工管理の仕事の種類とやりがい

施工管理と一口に言っても、様々な分野に分かれています。ビルやマンション、戸建て住宅の件菊施工管理、道路や河川、鉄道、上下水道などの土木施工管理、講演や緑地雄整備する造園施工管理、その他に電気設備や排水設備の施工管理など、専門性を持って且つ違約する場合がります。大規模な商業施設やオフィスビルを建設する時には、建築、土木、造園、電気、排水などの様々な分野を担当する施工管理者がそれらを管理し、工事責任者が全体管理をします。求人募集もそれぞれの分野で行われます。施工管理の仕事は、手掛けた仕事が目に見える形として残るのが何よりのやりがいです。また、色んな分野の専門家が集まって1つの物を作り上げることになるので、出来あがった時の達成感も非常に大きいです。そのため、経験者から未経験者まで幅広い求人があります。

施工管理の仕事に好条件で就くためには

せっかく求人で施工管理の仕事を探すのであれば、少しでも良い条件で就職したいです。絶対的に売り手市場と言われている施工管理の仕事ですが、少しでも良い環境、良い給料で働く可能性を上げるためのポイントを紹介します。仕事の好条件というのは、多くの要素があり人によって何を好条件とするかは異なります。自分の中でどの要素が重要なのかの優先順位を付けると良いです。例えば、土木施工管理の仕事は、インフラ工事の現場に数カ月泊まり込むこともあるようです。家族との時間を重要視する方であれば、このような現場は避けるべきです。反対に、高収入の仕事がしたい、大規模なインフラ工事の仕事がしたいなどであれば、残業代が出るなどのメリットを生かした求人を探してみることをお勧めします。また、やはり資格を持っている人は強いです。1級資格と2級資格とでは、かなりの金額に差が出ます。自分の強みを理解して良い就職先を見つけて下さい。