施工管理技士向けネット求人のメリットデメリットとは

施工管理技士の転職に興味があるけど、何から始めていいのか分からない、転職活動が不安な方が多いと思います。施工管理技士が就職や転職を考える時には、いくつかの方法があります。大きく分けてハローワーク、転職求人サイト、人材紹介会社の3種類です。それぞれ、利用方法は異なり、それぞれメリットとデメリットがあります。施工管理技士の方が、自分の希望通りの条件で、施工管理技士の方が自分の希望が叶えられやすいのは、転職サイトか人材紹介会社です。なぜ、施工管理技士の就職や転職にハローワークがオススメできないのか、おすすめできない理由やリスクがあるので紹介します。そして、転職サイトや人材紹介会社がなぜ施工管理技士に向いているのか解説します。自分に合った転職をするために、後悔が無いようにじっくり探すことが大切です。

転職サイトのメリットとデメリットとは

施工管理技にオススメなのが転職サイトと呼ばれているものです。サイトに登録後、自分で求人を探し応募、そして面接を受ける形になります。転職サイトには、履歴書の記入方法や面接のコツなどのノウハウが掲載されていることが多く、転職活動に不安な方に参考になります。転職サイトだと、テレビcmや雑誌に広告を出していて、知名度や利用する数が多いのが特徴です。転職サイトのメリットは、求人数の多さです。たくさんの企業から、仕事内容や勤務地など自分の希望にそった条件で探すことが可能です。数多くの求人から選べるので、1番効率のいいのが転職サイトです。しかし、求人の数が多いので、自分の希望しない条件の求人も検索で引っかかるので、探すのに一苦労なところです。また、条件がいい求人ほど競争率が高いところもデメリットのひとつです。

人材紹介会社のメリットとデメリットとは

人材紹介会社は、施工管理技士の転職に一番有利ではないでしょうか。専任のキャリアアドバイザーがついてくれるのが魅力のひとつです。転職をする時に、何かと不安なことが多いですが、人材紹介会社は、仕事の適性、キャリア形成などの相談をしてから、サポート担当者と応募先を絞り込んでいくので、自分が思い描いているものと、転職をしたあとのギャップが少なくて済むことがメリットのひとつです。また、第三者の意見を聞けるので、客観的に自分を知るきっかけにもなります。キャリアコンサルタントというカウンセラーも在籍しているところが多く、転職からキャリア形成、聞きづらい年収や残響など、しっかり相談できるところが魅力の一つです。募集要項や給料面などの待遇面の交渉も担当者が行ってくれることが多いのも魅力です。しかし、業界に特化した人材紹介会社ではなかったら、大手の求人サイトと大して差はないのがデメリットのひとつです。