先輩施工管理技士が気を付けて見ている求人募集欄とは

建築現場において工程や安全面、品質の管理を行う施工管理の仕事は、国家資格でもある施工管理技士の資格が必要です。その中でも土木と建築、管工事、3種類の施工管理技士があります。工事現場で職人を配置したり重機を手配したりなどの予定を立て、スケジュール管理を行い、統制をとる重要な役目から、人件費や材料費を含めた原価管理、質の高い建築を行うための環境管理、工事現場で作業を行う人たちへの安全管理など、建築現場において欠かせない存在です。建築業界では近年の好景気の影響もあり、多くの求人があります。そんな中でも自分にあった求人を見つけたいものです。賃金や仕事内容は、経験や資格によって差があるので、気を付けてみておきたいです。経験と共に条件はよくなり、資格取得に向けたステップとして学びながら働くこともできます。

需要の多い施工管理の求人は条件で探す

施工管理の求人を探すなら、たくさんの情報が見られるインターネット検索がおすすめです。需要の高い職種なので、一度にたくさんの件数がヒットします。国家資格を持っていることが大前提ではあるので、持っている資格と経験、専門分野の種類をベースに探しましょう。中には未経験であってもチャレンジできる場合もあり、資格取得を目標に働ける場合もあります。建築業界には専門用語も多く、初めは大変な面も多いですが、常に学ぶ姿勢を持ち成長することにどん欲になれば、どんどん経験を積むことができます。最初は地元の施工会社や工務店で経験を積みながら学び、資格を取得できたら、全国にあるような大手企業へのステップアップすることも可能です。現場の数や経験のひとつひとつが財産となる職業ですので、夢を持って働くことができます。

たくさんある施工管理の求人から、検索サイトで条件を絞り込むコツ

転職サイトには、施工管理の職種から条件をしぼって求人を絞り込むことができる機能があります。また、建築業界の情報を集約した求人サイトもあります。施工管理の求人では、年齢や学歴などは問われないことが多く、やる気や学ぶ姿勢があれば多くの求人に出会えます。リーダー気質の人、周りから信頼される人、コツコツ努力できる人などが求められている傾向にあります。無資格の方であれば、資格取得支援や優遇制度があるか、ぜひチェックしておきたいものです。そのほか休日は確保されているか、勤務地の条件などから絞り込んでいきましょう。建築には住宅やマンションなどの建物から道路、トンネル、上下水道などの土木、電気設備、配管工事など、分野によって仕事の内容も大きく変わるので、何をつくっている会社か、何を作ってみたいかで絞り込むことも大切です。